ブログ再開です!

未分類

以前も書きましたが、ホームページを移転作業する際にブログが消えた話をしました。

自分の中では移転作業を行っているつもりが、消えてしまう作業をせっせとやっていたという・・・

それもすぐ気づけば傷口は浅かったのでしょうが、かなり作業が進行してから気づいたため、後の祭り。

気持ちも新たに始めようと思います!

ということで最初のテーマは、まさに今回の件と同じことが患者さんの中でも多く起こっているのでそのことについて書きたいと思います。

新規の患者さんが来院されたときに、多くの患者さんがいろいろ自分なりに「手当て」をして来院されます。

その「手当て」が改善へ向かう方法ならいいのですが、多くの方が改善どころか悪化を促進していることが大半です。
もちろん、本人的にはよくしようと思ってやられているのですが・・・

これって僕のブログ移転の話と同じなんです。

ブログを移転していると自分では思ってやってるわけですが、専門家の人にしっかり話を聞かないまま感覚的に「これでいいでしょ」と思ってやってたわけです。

でも、ふたを開けてみたら後の祭り。
もう取り返しがつかなくなってたわけです・・・

ほとんどの人が、痛みが出た時よほどひどくならない限り「ヤバいかも」と思いません。
ケガというと、打撲やねんざのようにグキっとやったりしないと痛みが出ないと思いがちですが、このような分かりやすいケガの場合は早く来院されるため、以外に早く完治しやすく患者さんに驚かれることもザラです。

この時によく伝えるのが、
「違和感を感じたら早く来院してください」
と伝えます。

結果的に悪化しなければ数日でよくなりますし、逆に最初の見極めを間違えたために長期通院を余儀なくされる事が多いです。

逆に早く来ておいてよかったと感謝されることもありますが、その場合は例外なく患者さんご本人が違和感を感じてらっしゃいます。
この違和感を放っておくと、自然に消失していきます。
これを、ほとんどの方が「痛みがひいて治った」と思ってしまうのです。

これは、治ったのでもなんでもなく「体が痛みや違和感に慣れた」だけなのです。

もしこのブログを読んでいるあなたも、上記のようなことを感じてらっしゃるようでしたら、ぜひ一度ご来院ください。





   

コメント