鍼治療がしたいんです!と言われても・・・

未分類

こんにちは。
寒暖差が続く日が続いていますが、お体はいかがでしょうか?

おかげ様で、当院にもいろんな新患さんがいらっしゃいますが、結構多い依頼が

「鍼がいいって聞いてきたんですが、打ってもらっていいですか?」

確かに鍼灸治療は、当院が鍼灸接骨院ということもあり半分くらいの患者さんに受けていただいています。

しかし、それは鍼灸治療がその患者さんに「一番適切な状態だから」に他なりません。
決して、鍼灸治療をやってほしくてこれだけの患者さんに受けていただいているわけではないのです。

残念ながら打てない状態の患者さんが来院されると、その旨をお伝えするのですが最初驚かれることが多いです。

というのも、鍼灸接骨院を謳ってて鍼灸希望してるのに、やれないんかい!
という患者さんの気持ちも充分わかります。

しかし、良くなるために来院していただいているのに、やる前からよくなるどころか悪化が目に見えていることを治療とは呼べない。
そう確信しているのです。

実際、鍼灸治療を最初からできる患者さんもいらっしゃいますし、そういった患者さんにはどんどん提案してやっていただいています。

結局、治療方法は患者さん自身の状態次第で最適な治療方法は変わります。
ゆがみが気になる患者さんでも、骨盤矯正を最初からやるより他の治療法が必要な場合もあります。





   

コメント