いつも履いている靴が、あなたの体の未来を左右します

未分類

普段何気なく履いている靴。

これが、あなたの体の健康状態にかなり影響を与えている。

こう言われても、ピンとくる人は少ないのではないでしょうか?

正直、肩や腰など体の痛みがあっても「もしかして、足の原因かも・・・」と思う人は少ないと思います。
最近やっと、足の問題が指摘され始めてきて外反母趾や偏平足などだと、体に負担を強いていることが多いということもテレビや雑誌でやるようになったため、少しは納得される方も以前よりは増えてきたのは確かです。

実際の来院患者さんでも、足の問題を話しようとすると「ああ、あれね」と言われることも増えてきたからです。

しかし、こと自分の足となると、指摘をされても「え?そんなに私の足って悪いの?」と愕然とする人の方が多いです。

もちろん、何も問題がないという方はいいんです。
ただ、「体の痛み」や「やたら最近疲れやすい」など症状が出ているのは、一度足の問題を考えてみた方がいいという話をしたいのです。

そして、その足を悪くしている原因として非常に多いのが、あなたが「自分なりに合っていると思われる」靴が足の悪化に拍車をかけているとしたら。。。

そんなことを思わなかった方が、このブログを読んで少しでも「もしかして、私も?」と感じてもらえると、幸いです。

その方法はひとつ。
一度靴をじっくりと見てみるといいと思います。

その時に、よーくみてもらいたい点は2点。
靴の後ろ側からと、裏側です。
ここにいろいろな問題が出ていることが多いです。

例えば、靴底の減りが以上に早い部分がある。とか靴を後ろから見たら片方がやたらよれている。
など、いろいろな点がポイントとして挙げられますが、とにかく一度じっくりと見る!
そして、何か分からないけど違和感を感じる・・・という方はぜひ一度ご来院ください。

その違和感、間違ってない方が多いです。





   

コメント