原因を特定する事=最短で治す秘訣

未分類

当院に治療に来院される多くの患者さんが、整形外科や外科などで診察を受けられて来院されます。

その方々に、話を聞くと「レントゲンでは異常がない」といわれました。と答えます。

で、その後どのような治療をされましたか?と聞くと、「痛み止めの薬とシップを出された」とか「マッサージをされて、電気をしました」と言われます。

僕が、このような回答を聞いた後、「その治療がなぜ必要かを聞きましたか?」
と聞くと、ほぼ全員の回答が「No」と言われます。

残念ながら、レントゲンで異常を見つけることができるのは、骨のみです。
折れているかいないか?を診断するには、有効です。

しかし、関節や筋肉、神経の異常を見つけることはできません。
関節の異常を見つけるには確かにMRIなども有効ですが、骨や関節が見た目で分かるほど異常な場合は手術の適応になる場合がありますが、異常がないとお医者さんで言われるのに痛みが改善しないために困っている方が多いのが現状です。

当院では、患者さんに分かりやすくお話をするために、以下のような説明をすることが多いです。
「体を構成するものには、筋肉、神経、骨(関節)と3つがあって、ほとんど体の痛みが出るのはこの3つの中の1つです。
病院で分かるのはレントゲンで骨に異常がない事が分かるだけです。
そのため、ここから3つの原因のうちどれが一番原因なのかを突き止めていきます」

上記の説明をさせていただくと、ほとんどの患者さんが納得していただけます。
何が怖いかというと、漠然と痛みが改善しない状態が続くことです。

原因を追究するノウハウがあるので、当院では患者さんの改善が早いです。

ぜひ治療に行っているけど今いちスッキリしないという方は、ぜひ当院までお越しください。





   

コメント