未分類

未分類

姿勢が悪いと何がいけないの?

こんにちは、しまうま針灸接骨院院長の仲田です。少し間隔が空いてしまいましたが、今回は姿勢について書いて行こうと思います。 よく姿勢が悪いということを、問診票に書いてくれる患者さんがいらっしゃいます。 では実際、姿勢が悪いとどのような影響が体に出るのでしょうか?そう聞かれると、「うーん。。。」となる方は多いのではないでしょうか? もちろん、... 続きを読む
未分類

牽引の機械は、使うな?

こんにちは。しまうま針灸接骨院、院長の仲田です。今回は、牽引機械の問題点について紹介します。 問題点というと牽引の機械に欠陥があるように感じますが、そうではなく「牽引の機械を行わない方がいい方」といってもいいかもしれません。 牽引の機械は整形外科や接骨院ではよく見る機械の為、効果があると思ってらっしゃる方も多いと思います。 もちろん効果... 続きを読む
未分類

知っているようで知らなかった骨盤の話 骨盤矯正の基礎知識その1

こんにちは。 院長の仲田です。 今日は骨盤矯正の効果についてご紹介します。 皆さんは、骨盤矯正という言葉は最近よく耳にする為、なんかよく聞くけど詳しくは知らないなーという方が多かったので今回は基礎知識を何回かに分けて不定期でお送りしていこうと思います。 骨盤矯正の代表的な効果には、猫背や体のゆがみの改善効果はもちろんのこと、股関節周りの... 続きを読む
未分類

「痛みがないから治った」は、大きな間違い?

よく聞く患者さんとの問診の中で、「しばらく痛かったけど、放っておいたら痛みがひいて治った」とか「痛みを我慢していたら、徐々によくなった」 など話を聞くことがありますが、大変怖いことです。 というのも痛みがひいていく事=治る と思っている方が多いので治療をしていなくても痛み自身が自然と消失していくという現象がおきやすいです。 しかし、痛みが... 続きを読む
未分類

痛み止めが出す効果と怖さ

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。 今回は、痛み止めの効果とその効果に隠れた怖さについてお話したいと思います。 普段の日常生活で、バファリンなど痛み止めの薬を常用している方は多いと思います。特に、女性の方は幼少期から定期的に飲んでいる方が少なくなく、頭痛や生理痛があったりすると気軽に飲めることもあり、飲んでいる方が多いのが現状で... 続きを読む
未分類

骨盤矯正で、視力が回復!?

いつも院長ブログを読んでいただきありがとうございます。 今回は、実際の患者さんから報告を受けた事例を取り上げてみたいと思います。 タイトルにもあるように、なぜ骨盤矯正で目がよくなるの?おかしいんじゃない?と思った方。 あなたの反応が、普通だと思います。私も実際聞いて、最初嬉しいのと同時になぜ効果があったのだろう?と疑問に思ったからです。 ... 続きを読む
未分類

いつも履いている靴が、あなたの体の未来を左右します

普段何気なく履いている靴。 これが、あなたの体の健康状態にかなり影響を与えている。 こう言われても、ピンとくる人は少ないのではないでしょうか? 正直、肩や腰など体の痛みがあっても「もしかして、足の原因かも・・・」と思う人は少ないと思います。最近やっと、足の問題が指摘され始めてきて外反母趾や偏平足などだと、体に負担を強いていることが多いとい... 続きを読む
未分類

痛みの法則ーその1

肩こりや腰痛でお悩みの方に多いと思いますが、こんな経験はありませんか? 痛みが出てきたが、仕事などが忙しくガマンをしていたところ、だんだんと痛みが和らいできて治ってきた。 これは治っているのではなく、悪化しています。 なぜそんなことが言い切れるのか? なぜなら治っているのであれば、今後一切痛みは出ません。でも、上記のようなことを言わ... 続きを読む
未分類

なぜ距骨調整をすると、肩こりが改善するのか?

最近、当院の施術を受けられる方の中で多くなってきたのが、距骨調整です。 足が外反母趾である患者さんに加え、いろいろな悩みに対応できることが分かってきました。その中のひとつが、肩こりです。 これが驚くことに、肩とか上半身はおろか足以外触ってないんですね。 むしろ肩まわりをマッサージなどしていた時よりも、改善効果があったりします。では、なぜこ... 続きを読む
未分類

痛い原因を、年齢のせいにしてませんか?

痛みのある患者さんに、原因を聞いた時一番多い答えが「年齢(加齢)」です。 この答えの面白いのが、20歳以上なら誰でも使っているところです。 僕は患者さんが年齢が原因と答える時に、必ずこう答えます。「年齢のせいでは100%ありません。同じ年齢の人が、全員同じ状態になっているのなら年齢のせいとも言えますが、100歳でも体に痛みもなく元気な方もいらっ... 続きを読む